石の形について

指導碁をしていると

『どのくらい読んでるんですか?』

と聞かれることがあります。

そんな時は、

『実はそんなに読んでいないんですよ。』

とお答えしています。

 

3面打ちや4面打ちをしていると、ほぼノータイムで打たないと相手の方を待たせてしまうことになるので、考えているひまはありません。

石の形で打っていることが多いのですね。

石の形さえある程度分かっていれば、読まなくても大体の感覚で打てるのです。

なので、石の形を覚えることも大事です。

石の形を覚えるには?

それには、棋譜並べがいいと思っています。

詰碁の本なども大事なのですが、それは読みを鍛える勉強法です。
棋譜並べをやっていれば、自然と良い形も覚え、石もいいところにいくと思います。

僕はどちらかというと、詰碁はきらいなのであまりやっていません。(毎日やるようにはしていますが)

棋譜並べの方が好きで、毎日更新されている棋譜は欠かさず並べています。
(写真は娘を前に棋譜並べをしているときの写真です。笑)

世界戦の棋譜などは、戦い重視の碁なので、級位者の方は難しいかもしれません。

級位者の方には、石の形を大事にする棋風の高尾先生の碁などは、おすすめですね。

 

余談・・

明日4月21日からは十段戦の第4局が始まるので、そちらも楽しみです。

あと、今週の日曜日4月23日は朝日名人戦の新潟県大会が行われます。
代表になって全国へ行けるよう、頑張りたいと思います。

メルマガでは、県大会で打った碁の自戦解説動画を配信する予定です。

登録特典動画3本プレゼント中
全6回の講義動画が視聴できる無料メルマガはこちら
↓↓↓
メルマガ登録ページへ