第21回三星火災杯世界囲碁マスターズが9月6日から行われました。
日本戦の碁を取り上げていきたいと思います。

この世界戦は4人一組で行い、2勝したら枠抜け、2敗したら敗退というシステムです。

黒番は中国の女流棋士です。白番が伊田八段の対局です。


棋譜再生

この碁は伊田八段の快勝譜だったと思います。

黒15ではいろいろあると思うのですが、僕ならJ-16と上辺に打ったかと思います。

ちょっと白16がぴったりで気が進まないですね。C-13といっぱいに打つ手もあるのかと思いました。

白22はこの場合の手筋で嫌なところですよね。

黒23は珍しい手ですね。33までの形は何となく重いような感じもしました。
参考図1が普通でしょうか。

参考図1

棋譜再生

この図なら実戦よりいくらかいいと思いました。

白36が強烈でここから一気呵成に攻めました。

白52も急所で痺れましたね。

88まで黒35と打ち込んだ石がこのまま取られては白の勝勢となりましたね。

88手以下略白中押し勝ち

伊田八段の強さが出た碁でしたね。

登録特典動画3本プレゼント中
全6回の講義動画が視聴できる無料メルマガはこちら
↓↓↓
メルマガ登録ページへ