王座戦挑戦者決定戦の碁を取り上げたいと思います。

黒 高尾九段  白 余七段


棋譜再生

黒41までの分かれは僕は白持ちなので、参考図1の変化を僕なら打ちます。

参考図1

棋譜再生

一見つらそうですが、このような打ち方もあると思いました。
黒はしっかりしましたので、下辺の打ち込みや上辺に思い切り打てます。

白44から取った手も厚く大きい手なですね。52まで黒は厚みにはまだ見えません。

白64と渡り白も安心しました。

白66と打ち込まれ、黒は対応が難しいですね。R-5と下がる打ち方もあったでしょうか?

黒109では参考図2と打ち込む手はどうでしょうか?

参考図2

棋譜再生

実戦の109を決めたので白も安心した意味もありました。

白130となり白が優勢に見えました。

190手完白中押し勝ち

また一力七段に続いて若い余七段が挑戦者になりました。
新しい波が押し寄せてきていますね!こちらも楽しみですね。

登録特典動画3本プレゼント中
全6回の講義動画が視聴できる無料メルマガはこちら
↓↓↓
メルマガ登録ページへ